小児科一般

小児科

発熱、咳、鼻汁、下痢、嘔吐などの症状に対する診療を行います。
ウィルスによる感染症(インフルエンザ、水痘、おたふくかぜ、プール熱、ロタウィルス感染症など)や、細菌による感染症(溶連菌感染症、伝染性膿痂疹(とびひ)など)対しては迅速検査が必要な場合は検査を行なって診察します。
身長が低いのではないか、肥満ではないか、思春期が早すぎるのではないかという成長に関わる心配もご相談ください。
必要がある場合は、専門病院への紹介も行います。

小児アレルギー科

小児アレルギー科

《小児の喘息》

小児の喘息は診断までに経過観察が必要な場合があります。
現在の呼吸状態とともに今までの喘鳴(ゼイゼイ、ヒューヒュー)がどのくらいの回数があったかなどが診断の手掛かりになります。咳が多くて元気が出ない、夜に眠れないなどの症状がある場合は、早めに診察をうけて治療を開始することが大切です。適切な治療を行い、喘息があっても毎日元気に生活できることが目標です。

 

《食物アレルギー》

離乳食を開始して、初めて食べた食品で発疹や嘔吐、下痢などが現れることで食物アレルギーを疑われる場合があります。気になる症状が現れた時はいつ、どんな食物を、どの位食べて、何分後にどんな症状が現れて、どの位の時間続いたかを把握しておくとよいでしょう。
症状が強い場合は早急に受診することをお勧めします。自己判断で除去食物を決めてしまうことは、小児の成長に悪影響を与えることがあります。アレルギーの対処として勧められています。
そのためには経口食物負荷試験が必要になることがあります。

 

《皮膚の発赤やかゆみ》

皮膚の乾燥からはじまり、小児湿疹、アトピー性皮膚炎と診断される例までいろいろです。
症状に対する外用薬や内服薬、環境の改善など生活全般の注意も治療の一部となります。
当院ではアレルギー疾患に対して、血液検査、皮膚プリックテスト等を行っています。
気になることがあれば、どうぞご相談ください。また、入院施設のある専門病院への紹介も行っています。

 

予防接種

予防接種

予防できる感染症から、赤ちゃんやこどもたちを守っていくために、予防接種をきちんと受けていくことは大切です。
生後2ヶ月になったら予防接種(定期予防接種、任意予防接種)が開始できるように、予防接種のスケジュールを早めにたてることをおすすめします。
予防接種の種類や間隔でわからないことがある場合は、どうぞご相談ください。
予防接種は一般診療と重ならないよう時間帯を設けています。(14:00~15:30 完全予約制)


小児予防接種は予約後、1週間目以後より実施可能です。
必ず電話または来院してご予約ください。


乳児健診

乳児健診

足立区で決まっている乳児検診のうち、6・7ヶ月健診、
9・10ヶ月健診、1歳6ヶ月健診を行います。
(3・4ヶ月健診は区の集団健診となります)
健診は一般診療と重ならないよう、時間帯を設けています。
(14:00~15:30 完全予約制)

乳児健診は予約後、1週間目以後より実施可能です。
必ず電話または来院してご予約ください。

内科

内科

主に高血圧症、脂質異常症、糖尿病、肝機能障害、高尿酸血症などの生活習慣病を、疾病予防、健康維持の観点から日常生活上の運動、食事の工夫などのアドバイスを混じえて治療いたします。
急性上気道炎、急性胃腸炎などの急性疾患や貧血についてもご相談ください。

特定健診、後期高齢者医療健診

健診

特定健診はメタボリックシンドロームの判定などによる動脈硬化の予防を目的として、高血圧症、脂質異常症、糖尿病等の検査を行いますので、その結果についてもご相談下さい。


産業医・労働衛生コンサルタント

産業医・労働衛生コンサルタント

平成25年度から開始された第12次労働災害防止計画を参考に、事業所で働いている方々の疾病の予防、健康診断に基づいた健康の確保に取り組みます。

温泉療法

温泉療法

温泉の効能は経験的なものが主ですが、日本温泉気候物理医学会の温泉療法専門医の立場から泉質別、温泉地別、疾患別に温泉の利用の仕方について説明、助言をいたします。「健康づくり」のための温泉利用が期待されています。

温泉健康講話ブログ