端午の節句(①)に、ヨモギ入りの柏餅(②、③)を味わいながら孫の初節句を祝いました。ヨモギには消炎鎮痛、止血などの効能があり、柏餅は脂肪やコレステロールの含有量が少ないことを考慮すると、脂質異常症の方には、洋菓子よりお勧めの食品です。

図②の器は、秀衡塗です。
岩手の一関で購入して以来、器が季節を問わず利用できる模様なので、料理の盛り付けに重宝しています。
第3回温泉健康講話 図④、第12回温泉健康講話 図⑧・⑪・⑰、第16回温泉健康講話 ⑪)

数年前、ひな祭りを祝った直後に、勝浦のひな祭りに出かけたことがあります。(第38回温泉健康講話
今回は、特に節句とは関係がないのですが、天気の良い日が続くので、お祝いをした次の日、鴨川市内の仁右衛門島(④~⑥、第44回温泉健康講話)を訪れました。

御宿経由で、内房線の太海駅から徒歩約10分で到着しました。
手漕ぎの船に乗って、島へ上陸したのは、約45年ぶりです。
目に入る景色が、記憶の中にあるものとほとんど変わりなく、過去と同じ順路で島の中を散策しました。
庭にはソテツが植えられ、島のいたるところに広葉常緑樹が自生し、やや南国的な独特の雰囲気のする場所です。
海は、透明度が高く、磯遊びのできる岩場も多くみられます。
昔を思い出しながら、楽しい一時を過ごすことができました。

歴史があり、海のレジャーもいろいろできる島ですので、一度は見学してみる価値のある観光地です。