「魚介類摂取のすすめ」は、煮物編、那珂湊港A編に続いて3回目です(図1~21、抜粋)。

スライドのカレーとシチューは筆者が作成しています。野菜を多目に使いましたので、これらの汁物の栄養バランスはまあまあでした。

味はご想像におまかせします・・・

シーフードカレー

2

材料(1人分)

御飯     100g
じゃがいも  50g
たまねぎ   30g
にんじん   30g
まぐろ    30g
いたや貝   20g
カレールー  17g
福神漬    適宜

3

 

シーフードシチュー

5

材料(1人分)
えび     30g       パセリ    適宜
さけ     20g
じゃがいも  50g
たまねぎ   30g
にんじん   30g
牛乳     50ml
バター    5g
塩      1g
かたくり粉  大さじ1/2
こしょう   少々

6

 

 

 

 

 

 

 

生活習慣病予防のための蛋白源としては、肉類よりも魚介類をお勧めして来ました。ただし例外もあります。コレステロールを多く含むイカやタコ、高塩分の干物などです。これらの摂りすぎには注意してください。各種野菜と一緒に料理するのが大切かと思います。

EPA、DHA、アスタキサンチン、タウリンなどが我々の生活習慣病の予防や改善の手助けをしてくれますので、主菜としてあるいは副菜としてでも、魚介類を是非召し上がって下さい。

 

魚介類は、季節ごと産地ごとに本当に豊富ですので、これらの素材を和風、洋風、中華風といろいろの料理に使ってみてはいかがでしょうか。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

はまぐりの吸い物

8

材料(1人分)
はまぐり   2個
塩      少々
日本酒    少々
薄口しょうゆ 少々
せり     適宜

9
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あさりの味噌汁

11

材料(1人分)
あさり(殻つき)   150g
味噌        小さじ1
大根        適宜

12
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いかのトマト煮

14

材料(1人分)
トマト水煮      100g
じゃがいも      60g
たまねぎ       30g
ピーマン       20g
いか         60g
にんにく       少々
オリーブ油      小さじ1
塩・こしょう・パセリ 適宜

15
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鮭のかす汁

17

材料(1人分)
鮭     60g  ねぎ     適宜
さといも  40g  豆腐     40g
酒かす   40g  酒かす    40g
大根    30g  塩・しょう油 適宜
にんじん  20g
しいたけ  10g

18
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あんこう鍋

20

材料(1人分)
あんこう     100g
ねぎ・しいたけ  適宜
白菜       30g
小松菜      30g
豆腐       30g
味噌       小さじ2

21