小児の冬のスキンケア

小児の冬のスキンケア

冬は生活環境の乾燥が強くなり、お肌も乾いてきます。小児は特に皮膚が薄く、皮脂が少ないためスキンケアが大切になります。 乾燥したままにしておくと、ドライスキンから始まり、かゆみが出現してしだいに湿疹化してくることもあります。

スキンケアの第一歩として夏と同様に清潔を保つためには入浴やシャワーを行います。
ただし、ごしごしと洗うと皮脂が必要以上に落ちてしまい、乾燥が進んでしまいます。洗浄剤の泡でやさしく洗い、十分に洗い流して下さい。
入浴後は10分以内、できれば5分以内の肌の湿り気が残っている間に保湿剤を塗りましょう。 見てわかるような乾燥性の変化や発赤がなくても保湿剤は塗るようにしましょう。
お肌を触ってみるのが一番よくわかります。カサカサ、ザラザラした感触があればしっかり保湿をしましょう。

保湿剤は市販されているローションタイプやクリームタイプのものから始めてみるとよいでしょう。セラミド配合のものは滑らかな肌触りがします。
手をよく洗い必要な量の保湿剤を、塗る場所へ点在させて円を描くように指先から手のひらで伸ばすとむらなく広がります。耳の後ろや指のあいだも忘れずに塗りましょう。お腹や背中などの広い部分は手のひらをすべらせてマッサージするように塗ります。

塗る量はローションタイプでは手のひらに1円玉大、クリームタイプでは人差し指の先から第一関節までの長さで、お母さんの手のひら2枚分の面積に塗れます。 乾燥がひどくて、市販の保湿剤では十分に効果がないと感じるときはワセリンやプロペトなどの油脂性の保湿剤が必要なこともあります。小児科や皮膚科の先生に相談されるとよいでしょう。

スキンケアを上手にすることでウィルスや細菌による感染(ミズイボ、とびひ)も予防することができます。 しっとり滑らかなお肌が続くようになればスキンケア成功です。

お子さんの全身を見ながらスキンシップをはかりつつ、続けてみてください。